淋病感染症治療推進会
淋病や感染症の治療をするための会議場

淋病感染症は治療しないでいると最悪の事態を引き起こす可能性がある病気です。

淋病は市販薬でも治療できる?

夫婦間や恋人同士における性行為はいつの時代もあるものです。
また、今般では、不倫関係や友人関係においても、性行為が行われるケースも出てきています。

淋病などは、主に性行為や性行為に類する行為から感染する病気であり、その治療法は市販薬や医療技術の進歩により、精度を増してきているといわれています。
淋病は淋菌が原因で発症するもので、男性女性ともにかかる場合があります。
症状としては、主に性器に出ますが、眼やのどにも出る場合がありますので、注意が必要です。
男性の場合は、排尿時に痛みを感じるなどの自覚症状がありますが、自覚症状が出ない場合もあります。
女性の場合は、自覚症状が出ない場合が多く、感染を放置しておくと、体内に感染が拡大し、子宮外妊娠や不妊症の原因になる場合があります。

淋病の治療は、主に抗生物質で行います。
治療期間は、数日から2週間程度とされていますが、医師の指示に従うことが大切です。
いろいろな事情で、医師の診察が受けられない場合、市販薬での治癒があります。
どの薬が効くかなどは、ネットなどで調べることが必要になります。
また、輸入代行業者からの提供を受けるなどの方法もあります。
とにかく早めの治療が大事といえます。