淋病感染症治療推進会
淋病や感染症の治療をするための会議場

淋病感染症は治療しないでいると最悪の事態を引き起こす可能性がある病気です。

成人で見られるカンジダ菌感染症とその治療法

人の腸管や口の中、皮膚の表面に常在することが知られているカンジダ菌への感染症は日和見感染であることが多く、身体の外敵に対する抵抗力が低下したときには大きな症状が生じやすいというのが特徴です。皮膚カンジダ症や口腔カンジダ症はその代表的なものとしてよく見られるものですが、乳幼児や高齢者がその患者として一般的になっています。成人がこういった疾患にかかる場合には血液疾患によって免疫力が低下しているときがほとんどであり、原因疾患の治療を並行して行っていく必要があります。成人女性に見受けられるのが性器カンジダ症であり、膣内でカンジダ菌が繁殖してしまうことによって痒みや腫れを伴う症状が生じます。性感染症として知られているものですが、自己感染することもよくあり、膣内がカンジダ菌にとって繁殖しやすい環境になっていることから皮膚や口腔内に比べて発症のリスクが高いことが知られています。成人のカンジダ症の治療薬として抗真菌薬が用いられるのが一般的であり、なう服薬としてはフルコナゾールがよく用いられています。また、外用薬としてはクロトリマゾールが使用される治療薬であり、症状に応じてこういった治療薬が選択されて使用されます。一方、カンジダは根滅が難しいことから再発のリスクがあり、性感染症の場合にはしっかりと経過観察を行っていくか、継続的治療を行っていくことが必要です。その際に用いられる再発治療薬も開発されて手に入れることが可能であるため、たとえ罹患してしまっても性器の痒みなどに苦しむことなく生活していくことができます。確立された治療法と治療薬があることからそれほど不安にならずに済む状況ができているといえるでしょう。