淋病感染症治療推進会
淋病や感染症の治療をするための会議場

淋病感染症は治療しないでいると最悪の事態を引き起こす可能性がある病気です。

性行為感染症とカンジダ症のかゆみや痛み

性行為感染症は、性行為が原因となって、ウイルスや病原性細菌などに感染して起こる病気のことであり、性病や性感染症とよばれることもあれば、最近では英語の略称をとってSTDとよばれることも多いものです。
性行為感染症にはさまざまな種類があり、梅毒、淋病などはかつての代表格でしたが、現代では他にも多くのものが存在しています。
たとえば、カンジダ症というのは酵母のような真菌の一種であるカンジダに感染したことによる病気であり、男性よりも女性のほうに特に症状がでやすいといえます。
この病気は他の性行為感染症とは少々事情が異なり、もちろん頻繁に性行為を繰り返すことによって感染しやすいとはいえるものの、女性ホルモンのバランスが崩れたとき、かぜなどで体力が低下したときなどに、他人からうつされるのではなく、もともと女性の陰部などに普通にひそんでいた真菌が増殖をはじめて発症するということもあります。
カンジダ症の主な症状としては、外陰部の腫れ、強いかゆみ、焼けるような痛み、刺激がある感じの痛みなどをともなったり、にごった感じのおりものが多く出たりといったことが挙げられます。
こうしたかゆみや痛みなどの症状があらわれた場合には、婦人科などを受診して、適切な治療を受けることがたいせつです。
多くの場合には、真菌の増殖を抑制するような抗真菌薬を処方されることになりますが、女性の腟内に入れるタイプの錠剤、患部に直接塗るタイプの軟膏などの、いくつかのタイプがあり、その他には腟内の洗浄といった方法もあります。
再発の場合については、ドラッグストアや薬局でも市販しているような軟膏がありますので、これを買い求めて患部に塗るのでもよいでしょう。